名刺作成の単価を安くするために重要な点

名刺作成をするときに単価を少しでも安くしたいと考えたら工夫をする必要があります。少し気を払うだけでも安くできる方法はあるので重要な点を三つ把握しておきましょう。ただし、それぞれの注意点も知っておくことも大切です。

納期や入稿方法と価格の関係

名刺作成を安くしようと考えたら業者側の立場に立って考えるとどうすれば良いかがよくわかります。名刺を発注して印刷して配達してもらうという一連の流れを考えて。どこにコストがかかっているかと推察してみましょう。人件費は名刺を印刷する過程で大きくなりやすいものであり、その負担が小さいように配慮すると価格が安くなります。納期は重要な点であり、基本的には即日発送の対応をしてもらうと高くなるでしょう。また、入稿方法としてウェブフォームなどで行われていると業者側は順次処理していけば良いだけなので、一人ずつメールや電話で対応するよりも仕事の効率が上がりやすくなります。ウェブ上で編集も行えるシステムがあると業者側の負担が減って、より安いと期待できるでしょう。

用紙や色数と価格の関係

名刺作成にかかる費用として人件費と並んで大きいのが材料費です。名刺に必要な材料は基本的には用紙とインクであり、この二つにかかるコストが安い名刺ほど安価に印刷してもらうことができます。用紙が薄くて安価なものであれば単価が下がるでしょう。モノクロ印刷よりもカラー印刷の方が高くなるのも通常であり、業者によって色数を増やすごとに価格が上がるという仕組みにしている場合もあります。ただし、枚数を増やすと単純に価格が比例して高くなるというわけではありません。これは人件費との兼ね合いもあり、大量発注の方が人件費がかかりにくいため、材料費は枚数に比例してかかってもやや単価を下げるようになっているのが一般的です。

やはり重要な業者比較

できるだけ安くする手段を選びつつ、最低限は自分の名刺に必要な要素を揃えたら最後は業者比較で価格を下げるしかありません。名刺作成の受注では単価を下げる市場競争が繰り広げられています。それぞれが独自の方法で人件費を削減し、安く材料を買い揃えて安くサービスを提供しようと努力しているのです。どれも均一に値段を下げるのではなく、得意分野を作って単価を下げていることがよくあります。上質紙に比べるとマット紙が他の業者より安かったり、モノクロとフルカラーでの価格差が少なかったりする場合があるのです。自分が欲しい名刺の条件を決めた上で、その仕様の名刺をいくらで作れるかを比較すると最安値で名刺作成を行えるでしょう。